2017年05月23日

Aちゃんは暗譜も得意です☆

小学3年生のAちゃん。暗譜が得意ですわーい(嬉しい顔)

みなさまこんにちは。


千葉県 市川市〜船橋市・感性を引き出し「自分らしい演奏」を目指す♪コーチングレッスン
【美麗 PIANO ROOM】

主宰講師・ピアニスト
スマイリングホスピタルジャパンコーディネーター&アーティストの美麗です。


暗譜が得意なAちゃんは、発表会も暗譜ですらすら弾いちゃいます^^♪

でも、間違えて覚えてしまわないように注意ですね☆

発表会ではよく「暗譜必須!」なんて昔は言いましたね。
私も必ず暗譜で弾いていました。が、今私は「見ても見なくてもどっちでも良いよ♪」と
お話しています^^♪


楽譜を見た方が、気持ちを込めて楽しく弾けるなら、それでOK♪

楽しく演奏してもらいたいものですね^^♪

お問い合わせはこちら

ホームページはこちら



〜〜〜〜〜〜〜〜〜


生徒さんの「感性」を引き出し【自分らしい演奏】を目指す、コーチングレッスンを展開中♪

あなたの「弾きたい音はどんな音ですか?」


サイトはこちら♪







〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



クリックで応援してくださると嬉しいですキラキラ


にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村





〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*







『リバティ・サウンド!』(自由な音を♪)
千葉県市川市 コーチングピアノ教室


あなたの感性と個性を引き出します♪

【聴く】(傾聴)、【認める】(承認)、【聞く】(質問)の3つのステップで、

お母さんの「練習しなさい」を、自分から「練習したい!」に変える☆




ホームページはこちら

♪体験レッスン実施中!♪


お問い合わせはこちら










2017年05月15日

音程取るのがとっても上手ですね♪

ピアノの音を聴いて、パッとその音程と同じ音を歌えます♪

みなさまこんばんは。


千葉県 市川市〜船橋市・感性を引き出し「自分らしい演奏」を目指す♪コーチングレッスン
【美麗 PIANO ROOM】

主宰講師・ピアニスト
スマイリングホスピタルジャパンコーディネーター&アーティストの美麗です。

1年生の女の子。お歌を歌ってもらう時、ピアノの音をパッと聴いて、すぐにその音程で歌える子がいます♪
耳がとっても良いのですね〜♪

それならば!と、「よろこびのうた」をドレミで歌ってもらい、弾いてもらったら・・・やっぱり、
簡単に弾けちゃいましたね^^♪

そうして歌いながら楽譜を見ることで、音符も覚えられるように頑張って行きましょう♪


お問い合わせはこちら

ホームページはこちら



〜〜〜〜〜〜〜〜〜


生徒さんの「感性」を引き出し【自分らしい演奏】を目指す、コーチングレッスンを展開中♪

あなたの「弾きたい音はどんな音ですか?」


サイトはこちら♪







〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



クリックで応援してくださると嬉しいですキラキラ


にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村





〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*







『リバティ・サウンド!』(自由な音を♪)
千葉県市川市 コーチングピアノ教室


あなたの感性と個性を引き出します♪

【聴く】(傾聴)、【認める】(承認)、【聞く】(質問)の3つのステップで、

お母さんの「練習しなさい」を、自分から「練習したい!」に変える☆




ホームページはこちら

♪体験レッスン実施中!♪


お問い合わせはこちら












2017年05月14日

プレ・ハノンを始めましょう♪3年生女子♪

3年生の女の子、プレ・ハノンを始めます♪

みなさまこんばんは。

千葉県 市川市〜船橋市・感性を引き出し「自分らしい演奏」を目指す♪コーチングレッスン
【美麗 PIANO ROOM】

主宰講師・ピアニスト
スマイリングホスピタルジャパンコーディネーター&アーティストの美麗です。

3年生の女の子。
ちょっと指の使い方が苦手かなっと思うので、プレ・ハノンを始めてみることにしました♪
お歌もとっても上手になって来たのですが、
あとはアンサンブルなどもレッスンに取り入れて、より耳を広げて行ってみようと思います♪

これからの成長が楽しみわーい(嬉しい顔)な、生徒さんです♪


お問い合わせはこちら

ホームページはこちら



〜〜〜〜〜〜〜〜〜


生徒さんの「感性」を引き出し【自分らしい演奏】を目指す、コーチングレッスンを展開中♪

あなたの「弾きたい音はどんな音ですか?」


サイトはこちら♪







〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



クリックで応援してくださると嬉しいですキラキラ


にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村





〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*







『リバティ・サウンド!』(自由な音を♪)
千葉県市川市 コーチングピアノ教室


あなたの感性と個性を引き出します♪

【聴く】(傾聴)、【認める】(承認)、【聞く】(質問)の3つのステップで、

お母さんの「練習しなさい」を、自分から「練習したい!」に変える☆




ホームページはこちら

♪体験レッスン実施中!♪


お問い合わせはこちら











2017年05月13日

♪ドビュッシー「月の光」に挑戦♪高校生の女の子♪

譜読みが大変な!(^^;
ドビュッシーに挑戦します♪


みなさまこんばんは。

千葉県 市川市〜船橋市・感性を引き出し「自分らしい演奏」を目指す♪コーチングレッスン
【美麗 PIANO ROOM】

主宰講師・ピアニスト
スマイリングホスピタルジャパンコーディネーター&アーティストの美麗です。

高校生の女の子♪

今はグレード6級Bコースに向けて勉強中ですが、
「聴奏」に慣れるまで、試験曲はちょっと一休みしましょう、ということで。。
ドビュッシーの「月の光」を弾きたい!と言うので^^♪挑戦することになりました☆


さて、8分の9拍子!分かるかな?

8分の6拍子の初見がすごく苦手!と言っていたHちゃんですが、
図に書いて説明をしたら、すぐに分かったみたい♪


これで初見も苦手と思わなくなってくれると良いのですが^^♪

お問い合わせはこちら

ホームページはこちら



〜〜〜〜〜〜〜〜〜


生徒さんの「感性」を引き出し【自分らしい演奏】を目指す、コーチングレッスンを展開中♪

あなたの「弾きたい音はどんな音ですか?」


サイトはこちら♪







〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



クリックで応援してくださると嬉しいですキラキラ


にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村





〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*







『リバティ・サウンド!』(自由な音を♪)
千葉県市川市 コーチングピアノ教室


あなたの感性と個性を引き出します♪

【聴く】(傾聴)、【認める】(承認)、【聞く】(質問)の3つのステップで、

お母さんの「練習しなさい」を、自分から「練習したい!」に変える☆




ホームページはこちら

♪体験レッスン実施中!♪


お問い合わせはこちら











2017年05月12日

一生懸命♪な女の子♪レッスン風景3年生

ちょっぴり負けずキライ?な3年生女子。
とっても一生懸命です!


千葉県 市川市〜船橋市・感性を引き出し「自分らしい演奏」を目指す♪コーチングレッスン
【美麗 PIANO ROOM】

主宰講師・ピアニスト
スマイリングホスピタルジャパンコーディネーター&アーティストの美麗です。

とっても耳の良い女の子♪
一度弾いた曲はわりとすらすらと弾けてしまいます♪

でも、覚えてしまった分、ちょっとテンポが速くなってしまいました〜ふらふら


「チビコツ練習」でゆっくりと仕上げて行きましょう♪
何をやる時も一緒懸命な3年生女子♪
女子力高めで☆頑張って行きましょうね〜わーい(嬉しい顔)

お問い合わせはこちら

ホームページはこちら



〜〜〜〜〜〜〜〜〜


生徒さんの「感性」を引き出し【自分らしい演奏】を目指す、コーチングレッスンを展開中♪

あなたの「弾きたい音はどんな音ですか?」


サイトはこちら♪







〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



クリックで応援してくださると嬉しいですキラキラ


にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村





〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*







『リバティ・サウンド!』(自由な音を♪)
千葉県市川市 コーチングピアノ教室


あなたの感性と個性を引き出します♪

【聴く】(傾聴)、【認める】(承認)、【聞く】(質問)の3つのステップで、

お母さんの「練習しなさい」を、自分から「練習したい!」に変える☆




ホームページはこちら

♪体験レッスン実施中!♪


お問い合わせはこちら













2012年02月19日

音楽=自分自身☆その2

さて、今日は昨日の続き、なのですが。
「脱力レッスン」からちょっと離れてしまって申し訳ありません…(^^ゞ
でも、「演奏表現」をするのに自分との向き合いというのは非常に大切で、
しっかりと自己を見つめられないと、良い演奏表現も難しく感じてしまう場合があります。

「自分が何をしたいのか」「何を表現したいのか」
それらを「いつどこでも表現出来るか」。
変な緊張感があっては表現出来ません。
「変な」というのは、「こんな表現の仕方で合ってるのかなぁ」とか、
「こんな表現をして何か間違った事を言われたりしないかなぁ」
など、自分の「表現方法の正誤を確認」しようとしたり、
また、そう思ってしまう事で「よりかたくなり、上手くリラックス出来ない」状況を作ってしまうと、
自分自身ではなくなってしまいます。
「自分をよく見せよう」と、見えないベールを張ってしまうんですね。



昨日の生徒さんも、何故か「緊張」して、上手く表現出来ませんでした。
なぜ、緊張していたのでしょう?
生徒さんに聞いてみました。

「これで良いのかなぁと思ってしまっていた」
と、生徒さんは答えました。

それでは緊張してしまいますね…



ではどうしましょう。

いろいろと話をしていて、していくうちに、実は自分自身の中にある「筋、素」とは違う方向性のものを表現しようとしていました。

本来ならば自分自身の「筋、素」は、下の下の方〜にあるのに、
レッスンでやっている曲、レッスンで得られる成果はすべて、自分自身のかなり上の上の方〜にあるもので、
実はとっても一生懸命背伸びをするかのように、表現しようと、努力をされていたようなのです。

自分の「筋、素」は下にあるのにね。
下にあるその「筋、素」には、簡単に手が届くのにね。


そこで、私は提案しました。
かなり思いきった提案だったかと思うのですが、
「いっその事今やってる曲全部止めて、自分の筋を思い切り追求してみたら?(^^)/」


私は、かつて同じような状況で、クラシックの師匠に「クラシックとジャズの両立は出来ないと思うわよ」と言われ、
クラシックの門下を出てジャズの門を叩いたクチですが(^^ゞ

私はその生徒さんが、本当の「筋、素」を見せてくれるまで、とことん付き合いますよ(^^)d
それは西洋クラシックの世界ではない、アメリカンジャズの世界とも全く違う世界ですけどね(^_^;)


生徒さんの素で奏でる演奏を聴かせていただきたいですから(^-^)/



…と、ここまで書いてしまって、実はまだその方向に行くかどうか、決まってなかったんでした(^o^;)


生徒さんに考えてもらって、答えを待っています。


しかし昨日も書いたように、ジャンルが違おうが何しようが、すべて自分自身♪なのですよ(^^)/

そこに気付いてくれるとよいのですが(^-^)/



メルマガ登録はこちら!
こちらにアクセス♪していただき、
ホスト名に「miraipiano」と入力して、
ご自身のメールアドレスをご記入下さいわーい(嬉しい顔)
更新翌日の朝10時にご希望のメールアドレスにブログが配信されます♪
posted by 美麗 at 22:12| レッスン風景〜Classic〜

2012年02月18日

音楽=自分自身☆

さて、今日はちょっと休憩して…夜遅くまでレッスンだったので、
脱力レッスン記事が書けなかったのですが(^^ゞ
その代わりと言っては何ですが、今日のレッスンで感じた事を書きます。

実は今日の生徒さん、そもそも今レッスンしている「曲、音楽、ジャンル」、すべてにおいて、
自分自身の「筋、素」とは若干違う方向性である事が分かりました。
過去に私自身が感じた、「クラシックとジャズの壁」と同じようなものなのかな、と思いました。


そもそも「ジャンル」という言葉で「区分け」してしまっているから、分からなくなってしまうのだと思うのですが、
ジャンルが違おうが何しようが、すべて「自分自身の中にあるもの」なんですよね。
自分が感じ、自分が受け止め、聞き入り、それらを表現する、
それも表現するのは「自分自身」であって、他人ではないはず。
それなのに、何故か改まってわざわざ「区分け」して、そこにあるもの、こっちにあるもの、と、気持ちを変えてしまう。


それでは、自分自身を見失ってしまいそうです。


自分の中にあるべきものを、なぜ分けなければならないんでしょうね(^_^;?


自分自身のなかのものなら、すべて自分自身のものにしてしまえばいいのに♪

そこに「ジャンル」とか「壁」とか、変な隔たりを作る必要は、ないんです♪


生徒さんも、その事に気付いてくれたようですが、
それが今まで出来なかったのは、「自分が真面目過ぎてしまうから、上手く表現出来なかった」とおっしゃいました。

確かにその生徒さんは、とっても真面目な方♪
私も時々口にしてしまったのですが、「真面目過ぎるんですよ〜♪」と、私もそう想っていました。

けれど、それが原因ではなかったんですね。
なぜ今まで上手く表現出来なかったのか。
真面目過ぎて出来なかった訳ではないです。

「自分の中にあるものを区分けして、本当は自分自身とは違う方向性のものをレッスンで出さなければならないから、無理して一生懸命それを出そうとしていた」から、なんですね。



続きはまた明日…♪


自分自身の想うような、良い演奏が出来たら良いですね(^^)/



メルマガ登録はこちら!
こちらにアクセス♪していただき、
ホスト名に「miraipiano」と入力して、
ご自身のメールアドレスをご記入下さいわーい(嬉しい顔)
更新翌日の朝10時にご希望のメールアドレスにブログが配信されます♪
posted by 美麗 at 23:53| レッスン風景〜Classic〜

2009年01月28日

ワルツ10番

昨日のレッスン風景より‥‥
やはりこちらのブログの方が書きやすいですね(苦笑
どんどん更新してしまいます‥‥

昨日のレッスンでは生徒さんがショパンのワルツを弾いたのですが、
その生徒さん自身、どうも「納得いかない〜」という部分がありました。
そこを「どんな風に弾きたいの?」と聴いたら パァ〜〜ッと華やかな感じに弾きたいと言うので、
じゃぁまずは指先のタッチを変えてみましょうと言いました。
指を丸めて 指先のうんと先の先の方で弾く気持ちで。爪で弾くような気持ちで弾きます。
よく例えるのが、指の中に細い針のようなものが入っていて、
その針だけで鍵盤を押すようなイメージです。

その生徒さんの場合、そうやってタッチを変えただけでは華やかな感じに聴こえませんでした。
なぜでしょう‥‥
華やかに弾こうとして 音を大きくしているだけなんですね。
それと、音と音の間がどうも切れているように聴こえる。
「レミレドレミ」という八分音符の繋がりなのですが、それが1つ1つ独立して聴こえてしまっていたのです。
「レ ミ レ ド レ ミ」という具合に。
それでは華やかな感じにはなれないので、歌いながら弾いてみる練習をすすめました。
それも、普通に歌うのではありません。
こうやって1つ1つの音がレガートでありながら独立して1つ1つに切れて聴こえてしまう理由は、
1つの音を弾き終わった時には「どんな音で弾きたい」と 次の音を考えてあげてないといけないんですね。
その為に、歌を先に歌い、指を後で弾くという練習方法をすすめます。

歌  レ ミ レ ド レ ミ
指   レ ミ レ ド レ ミ

  
という具合に、レを先に歌ってからピアノでレを弾き、
次にミを歌ってからミを弾く、という感じでずらしていくのです。
これ、案外難しいんですよ。
ゆっくり練習しないと出来ません。
脳が活性化されるような感じです。
これをやると、なぜか横の繋がりが出て来るんですね‥‥♪

そして慣れて来たら、歌を大袈裟に華やかな気持ちで歌って行きます。
自分がオペラ歌手にでもなったように♪

次に心の中で歌いながらもう1度弾きます。
もちろん、心の中の歌はピアノよりも先に歌っています。

それが出来たら、普通にテンポで弾いてみます。


この生徒さんも、自分で華やかに弾けるようになった事に驚いていて、
「弾けるようになった〜!!どうして弾けるようになったのか分かりません〜〜」と驚いていました(*^-^*)



この生徒さんの場合、自分で「どう弾きたいか」というのが出て来たから出来たんです。
自分でどんな風に弾きたいかが分からないと、結局は講師の言う事がメインになり、
「ここは華やかに弾きましょう、ここは落ち着いて弾きましょう」と言うしかなく、
その真似をする事しか出来なくなってしまいます。。。
もちろん最初は真似する気持ちで大丈夫なのですが。
誰かを手本にするのは決して悪い事ではありません。

しかし、最終的にはその音楽を奏でるのはピアニストであって、
先生ではないんですね。
ですので、生徒さん自身がはっきりと「ここはこういう気持ちで弾きたい」というのが出て来て、
はじめて、それに見合った練習方法を私は与えてあげられるという訳です。
講師はその生徒さんを上手にするのが目的ではありません。
上手にする為の練習方法を教えてあげるという事なんですね。

上手にするという言い方もあまり良い言い方ではないかも知れません。
生徒さんが「こう弾きたい」という気持ちを持たせてあげる、
その気持ちを引き出してあげるのがまずあって、
次にその「こう弾きたい」と想った音に近付けてあげられるタッチや腕の使い方、
あるいはイメージの例え(情景や風景、出来事の例)を教えてあげたりする訳ですね。


なかなかそこまで行くのは難しいですが、
生徒さんの気持ちを引き出してあげられた時というのは講師も嬉しいもので、
また、その気持ちのように弾けるようになった時の生徒さんの喜びも
講師には嬉しいものです♪

posted by 美麗 at 16:54| Comment(2) | レッスン風景〜Classic〜

2009年01月27日

明日のおさらい会に向けて

明日は2人の生徒さんのみですが、おさらい会をやります。
去年のクリスマス会でHさんが弾いた
アメイジンググレイスのバリエーションと
ショパンワルツ14番、
Kさんは同じくショパンの9番を演奏。
その後は軽くお菓子とジュースで楽しく過ごせればと想っています。

私も演奏しようかどうしようか迷っているのですが‥‥
生徒さんからリクエストでも聴いてみようかなと想っています。
なかなか先生へリクエスト出来る機会なんてないですものね。
私も自分の師匠へそんな事出来ません(^^;
ですので、いい機会かと想います。
一応ドビュッシーのゴリーグウォークケークウォークを用意してはいるのですが
何を聴きたいと言うかるんるん

2人の生徒さんが勉強になる曲を弾いてあげてもいいかなと想ったりもします。
Hさんはアレンジを勉強しているので、ヤマハの即興演奏などを聴かせてあげるのも良いし、
Kさんは今はショパンですが、元々ジャズの生徒さんなので
アドリヴを聴かせてあげても勉強になりそうです。
あるいは2人ともショパンを今勉強しているので、ショパンでも良いのですが♪
そうなると明日はショパンデイになってしまうのでるんるん
それはそれで良いのかもしれませんけどねるんるんぴかぴか(新しい)
posted by 美麗 at 15:23| Comment(0) | レッスン風景〜Classic〜

2006年08月25日

「自分で考えるレッスンを」

今日からレッスン風景を「カテゴリ別」に分けて書いて行きたいと想います。
まずは今日のクラシックピアノクラスのレッスン風景から♪


{ピアノレッスン/スオミ・ピアノスクール(小4・4年目)}
今8分の6拍子の曲を練習しています。
リズムの捉え方が結構難しいですね。落ちついてゆっくり練習すると良いですね。
また、曲を見て楽曲を分析し、それにより音の質や音色、タッチを変える練習も進めています。
フォルテと書いてあるけど、なぜフォルテなのか?
絵や曲のタイトルなどから、シチュエーションを「イメージ」し、そのシチュエーションに合った「音色」を考え、それに伴うタッチを考えて弾くようにレッスンしています。
だいぶ自分らしい弾き方が出来て来ており、音色もしっかり変化がつくようになりましたね。


{ピアノレッスン/スオミ・ピアノスクール(小4・3年目)}
先週から新しくレパートリー曲集を増やしました。
ワルツの曲でしたがとても良く弾けていましたね。
「リズム」はとても大事で、自分で踊っているような気持ちを、それを「感じながら」弾くというのはとても大切です。
その感じ方、捉え方を今日はレッスンしました。
スオミの本は終わりに近い所まで来ましたね。
アゴーギグではその音色を変えるとともに、タッチを変えるようにレッスンしています。
自分で考えて変化を付けられるようになると良いですね♪


posted by 美麗 at 23:45| レッスン風景〜Classic〜