2009年06月25日

6月のレッスン〜ジャズピアノクラス〜

るんるんKさん OL
今月から、私の産休後初のレッスン再開だったのですが、
お仕事が忙しいらしく、月に1度のレッスンでの再開。
以前は毎週来ていたので、ジャズ以外にもクラシック曲を弾いたり、いろいろ出来たのですが、
仕事が落ち着くまでは月1という事で、
ジャズ曲を1曲仕上げる事に。
曲は「昼も夜も」
易しくアレンジされた楽譜ですが、音使いもなかなか面白くアレンジされているので、
彼女も気に入ったようです♪
また、お仕事の為に練習もなかなか出来なかったようなので、
ジャズスケールをやる事に♪
ようは音階を弾くのですが、リズムをジャズブルースのリズムで、
カデンツもジャズフレーズのカデンツを使って、全調弾くものです。
その他にバッキングの全調もやります。
産休前はショパンを弾いていて、ジャズをしばらくやっていなかったので
ジャズブルースのリズム感が少しなまってしまったような感じ?
これで少しずつリズム感をまた付けていってもらえればと想います♪



るんるんTさん フリーター
先月から再開したTさんは 私のオリジナルのブルース曲をテーマに
アドリヴを作る練習をしています。
基本のコードトーンを練習したあと
アプローチノートを覚えたら、クロマチックノート。今はここをやっています。
この後テンションへと進んで行きます。
一通り練習が終ったら、いよいよアドリヴ作りへ。
楽しくなって来るのはここからでしょうか‥‥(^^;

2006年11月29日

アレンジクラスのレッスン風景♪

今日はアレンジクラスのレッスン風景をまとめて書いてみます。



{Aさん/木曜日 大人女性}

今日は良かったです。まず簡単なメロ(ホントに簡単で、メリーさんのひつじです)に伴奏アレンジを考えて来てもらう宿題だったのですが、
作ったものを弾いてもらって、内容についていろいろアドバイス。
例えば、右手で和音「ドミソ」や「シファソ」をいろいろなリズムで弾くのに、やたらと8分音符を使って弾くととっても重たく聴こえてしまう場合があります。
「タンタタタタタタ」とか「タタタタタンタタ」とか。
なので、「3和音はあまり8分音符を多く使わない方が良いかも知れません」とアドバイスしたり、
また、バスの音を左手で「ド」「ソ」と弾くのに、1拍目の音をバスが休符にして休んでしまうと、とても軽くなり過ぎてしまって、
安定感がなくなったり、何のコードの音を弾いているのか、聴いている人に分かりにくくなったりするので、バスの1拍目にはそのコードの主音は入れた方がいいですよ、などと話しました。なるほどと納得してくれました。

次に和声。課題をやって来てもらったのですが、時々勘違いしている所(開離というのは上3声で考えるのに、テノールとバスを開離にしようとしてた)があったのでそこを注意。
簡単に答え合わせをして、最後に、先週「1週間に1つずつ課題をやりましょう」と言った課題を弾いてもらいました。

課題って何かって言うと、「茶色のこびん」を使ってアレンジして行くんですが、そのアレンジされたものは楽譜にすでに載ってます。
例えば最初の「ミソソ〜 ファララ〜」の所を 1拍目を『分割』して8分音符にします。「ミミソソ〜 ファファララ〜」
まずそうやって楽譜に書かれたものをジャズエイスのリズムで演奏し、次にリードシートを見ながら同じリズムで弾く、というのをやっています。
時々必要のない所でスタッカートになってしまう所があったのでそこを注意して、リードシートを見て演奏してもらう。
それが今日は出来ていましたので、1番は○にしました。
来週は2番をやって来てもらいます。2番は今度は2拍目を分割。
「ミ〜ソソソ〜 ファ〜ラララ〜‥‥」という感じです。

和声のレッスンはいいですね。
自分で「考えて理解しないと」答えは出せない。
生徒さんに多いのは「教えて下さい」ばかりで「学ぼう」とする意識が欠けてしまう事があります‥‥
まぁ先生と生徒という立場上、誰にでもある事なのですが。
それだといつまでも成長しないですね。
和声をやってしっかりと「自分で考えて理解する」という所が出来るようになって、それが癖になれば、
演奏も変わってくるはずですよね。





{Bさん/月曜日 大人女性}

こちらは脱力が出来ていないので、音が硬かったり、速いパッセージなど、ガタガタになってしまっていました。
弾いていて腕が痛いとおっしゃっています。
なので、最近はツェルニー30番を使って脱力のレッスンをしています。
三角筋を上手に使って、「指に力を入れない奏法」。
指がガチガチに硬かったので、まずはそこから。そして手首の力を抜くという所もやっています。
だいぶ腕の力が抜けて来ているので、
次回はショパンのプレリュード辺りから1曲与えて、腕の重みをかける脱力の方法をレッスンする予定。

そしてアレンジのレッスン。
8小節の単旋律に伴奏を3パターン考えて来てもらう。
単旋律にはコードなどは一切書いていません。
なので‥‥ちょっと一か所間違えてしまってました‥‥(^^;
コードを勘違いして間違えてしまってました。5度の所を2度と想ってしまったみたい。
最初の4小節が「1度→5度7→1度→5度7」と進むべき曲なのですが、
「1度→2度→1度→5度7」と書いてしまい、伴奏もそれで作ってしまいました。
でもOさんは和声もやっているので、「和声の2度→5度を想い出して下さい、2度から5度というのはたくさんやりましたよね、
でも2度→1度というのはなかったと想います、和声はこういう時に活かして行けるといいですよね。2度→1度という進行はあり得ないと考えていいと想います。」と言いましたら納得してました〜。



この生徒さんは長くやってるので、アレンジの方法はとっても上手に作れるようになって来ました♪
なかなか面白い伴奏アレンジを考えて来てくれます♪
あとはこれらを何かの機会で「弾く」時に、演奏技術的にきれいに弾ければいいですね〜。
これからは脱力のレッスンにも力を入れて行きます。





posted by 美麗 at 18:01| レッスン風景〜JAZZ&アレンジ〜

2006年08月26日

今週のレッスン〜ジャズ〜

〜ジャズピアノクラスとアレンジクラスの生徒さん、今週は‥‥‥


8月20日(日)

{ジャズピアノクラス/大人主婦・約半年}
リズム感の練習として、右手でバッキングを入れて行く練習、だいぶテンポ感も安定して来ており、「ウラ拍」での入りもスムーズになって来ました。
伴奏形の練習は今一番難しい所かも知れませんね。。和音の転回形の練習です。少しずつゆっくり進めて行きましょう。


{ジャズピアノクラス/大人主婦・1年}
ブルースのアドリブを作ってもらっています。
もう少し理論に沿った音を並べられるようになるといいですね。
コードトーンを中心に考えると良いですね。


8月21日(月)

{ピアノアレンジ/大人主婦・1年}
8小節くらいの単旋律の楽譜に伴奏をつけ、バリエーションを作る所をレッスンしています。
だいぶいろいろなパターンが作れるようになってきました。
まず「テーマ」では楽譜通りのメロディーに簡単な伴奏を左手で演奏、
バリエーション1ではメロディーを少し変えて、それに伴い伴奏も変えて、
バリエーション2では、1よりもさらに変化させて終止形を盛り上げて終わります。
また、和声の勉強も同時に進めています。今は和音が転回した時の和声進行の所です。
その理論、基礎をもとにアレンジも進めて行かれるといいですね。


8月24日(木)

{ピアノアレンジ/大人女性}

いろいろなリズムパターンを考えられるようになって来ました。その要素はどんどんアレンジに取り入れて行くといいですね。
伴奏形の練習では転回形の所に入っています。和音の転回形をいかに使いこなせるようになるかで、アレンジや伴奏和音にも繋がりますね。


posted by 美麗 at 15:29| レッスン風景〜JAZZ&アレンジ〜